平成26年度に創設され、今回で2回目の募集となる日本遺産。
今年度は67 件の申請があり、うち19 件の認定が決まりました。その中に横須賀市を含む旧軍港4市(呉市・横須賀市・佐世保市・舞鶴市)が認定されてます。

そもそも日本遺産ってなに?かというと
地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図る。 
とあり、認定は文化庁が設置する外部有識者で構成される「日本遺産審査委員会」の審査結果を踏まえて,決定されるというものです。
平たく言えば、各地域にある歴史的な建物や伝統芸能、風習や遺跡など、有形・無形問わず文化財に対し文化庁がお墨付きを与える。と言ったところでしょうか。

今回、神奈川県内で認定されたのは 3件で以下の通り。
・伊勢原市  江戸庶民の信仰と行楽の地~巨大な木太刀を担いで「大山詣り」~
・鎌倉市   「いざ、鎌倉」 ~歴史と文化が描くモザイク画のまちへ~
・横須賀市  鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~

横須賀市は
複数の市町村にまたがってストーリーが展開する「シリアル型(ネットワーク型)」としての認定になります。近代産業発祥の地として旧軍港4港の共同での認定ですが喜ばしいことです。
ストーリーの概要は以下の通り。

≪鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴~日本近代化の躍動を体感できるまち~≫
明治期の日本は,近代国家として西欧列強に渡り合うための海防力を備えることが急務であった。このため,国家プロジェクトにより天然の良港を四つ選び軍港を築いた。静かな農漁村に人と先端技術を集積し,海軍諸機関と共に水道,鉄道などのインフラが急速に整備され,日本の近代化を推し進めた四つの軍港都市が誕生した。百年を超えた今もなお現役で稼働する施設も多く,躍動した往時の姿を残す旧軍港四市は,どこか懐かしくも逞しく,今も訪れる人々を惹きつけてやまない。

気になる横須賀市の構成文化財は全部で16項目。 

1) 米海軍横須賀基地C1建物(旧横須賀鎮守府庁舎)
2) 米海軍横須賀基地C2建物(旧横須賀鎮守府会議所・横須賀海軍艦船部庁舎)
3) 米海軍横須賀基地B39 建物(旧横須賀海軍工廠庁舎)
4) 海上自衛隊横須賀地方総監部田戸台分庁舎(旧横須賀鎮守府司令長官官舎)
5) 逸見波止場衛門
6) 東京湾要塞跡猿島砲台跡・千代ヶ崎砲台跡
7) 観音崎・走水地区の砲台群 観音崎砲台跡・三軒家砲台跡・走水低砲台跡
8) 東京湾第三海堡構造物 兵舎・観測所・探照灯 砲側庫
9) 「ヨコスカ製銕所」「ヨコスカ造舩所」刻印れんが
10) スチームハンマー(旧横須賀製鉄所設置)1865 年オランダ製 0.5 トン片持型・3トン門型
11)米海軍横須賀基地ドライドック1~6号(旧横須賀製鉄所・造船所・海軍工廠第一~第六号船渠)
12) 近代造船所建築図面資料230 点
13) 走水水源地 煉瓦造貯水池 鉄筋コンクリート造浄水池
14) 逸見浄水場 緩速ろ過池調整室4棟 配水池入口2棟、 ヴェンチュリーメーター室1棟
15) 七釜トンネル
16) 横須賀港周辺の絵図
itiranzu_1
(横須賀明細一覧図に描かれた横須賀製鉄所 横須賀市HPより)


この中には公開されていて、いつでも見れるものも多くあります。 
これを機に、横須賀製鉄所から始まった近代産業の歴史や文化にふれてみては いかがでしょうか?

今週の17日(日曜日)の14:00から『政治カフェ』を開催します。
今夏の参院選挙より、選挙権が18歳からになります。主権者の一人として、少し近寄りがたい政治のこと・・・
みんなで考えてみませんか?
国の政治の事まではちょっと・・・ 少し難しいかな・・・ と感じる人も、自分の住んでるまちがこれからどうなっていくのか?あるいはどういうまちにしたいのか?わがまちの議員ってどんなひと?
そんな素朴な疑問に、超党派議員4名と気軽に語り合いませんか?

若者代表の模擬討論会や、参加者全員でワールドカフェ方式で議論を行い模擬投票などもおこないます。
何の準備も基礎知識もいりません。お気軽にどうぞ。

●日 時:2016 年4/17(日) 14:00~16:00
●場 所:ヴェルクよこすか 第一研修室 (横須賀中央駅1分)
●対 象:10 代・20 代の方 (横須賀市民以外の方も歓迎します)
●参加費:無料
●主 催:議員有志で市民の声を聴く会(小室たかえ/髙橋英昭/小林伸行)
●問合せ:小室046-823-1211/髙橋070-2209-3301/小林070-6640-3927
図1




そして前回のblogでも書きましたが、本日18:30より、横須賀市議会の会派:「研政」主催で『市民と議員の未来会議2016』を開催します。場所はヴェルク横須賀・3F第一研修室になります。
少し微妙な時間帯ではありますが、お勤め終わりの方も参加できるようと設定しました。
どうぞお気軽にお越しくださいませ。

1
さて、
 

こんにちは。来週の4月15日に会派「研政」のイベントを開催します。

「市民と議員のよこすか未来会議」と題し、市民向けの報告会&公聴会をおこないます。

昨年の秋、会派の予算要望を公開し、市民のみなさんと意見交換をおこなうイベントを開催しましたが、今回はそれに続く第2弾です。

今回のイベントは、前回われわれの作った予算要望案に、みなさんからの意見の一部を反映させ市長に提出した予算要望書を中心に、代表質問や一般質問などでうったえている政策などが、どの様に予算や市政に組み込まれたのか検証を行っていきたいと思います。

もちろんそれに対して、あるいはまったく新しいご意見なども、みなさんからいただきたいと思っています。

会派としてのローカルマニフェストがどこまで実現できたのか?みなさんと一緒に振り返りながら、ざっくばらんに意見交換が行えると嬉しいです。

ぜひ、お一人でも、友達・お知り合いの方とでもご来場ください。

場所:ヴェルク横須賀 第1研修室  
時間:4/15(金) 18:30~20:00
申し込み不要です。どなたでもお越し頂けます。

1







 

平成28年第1回定例会が2月17日から3月25日の38日間の会期で開催されました。

筆不精な私なので、今更ながら「1定 」(第1回定例会)を少し振り返ってみたいと思います。
 

その前に「1定」が他の定例会と少し違う所は、予算議会とも言われ、28年度の横須賀市の事業予算を審議する重要な議会となります。そして新年度を迎えるにあたり、市長は議案説明に加え施政方針演説を行います。それに対し各会派は施政方針や新年度予算、議案等に対する質疑「代表質問」を行います。(会派に属していない議員は個人質問を行う)
第1回の定例会は言い換えれば「28年度の横須賀市の取り組み」の大枠が決定される会といったところでしょうか。
何となくよくわからないという方も「ちょっと特別な感じがするね」ぐらいは思っていただけたでしょうか。

 

ざっくり大まかに振り返りますと、初日の217日の本会議では、選挙管理委員の選挙が冒頭に行われ、新たに4名の選挙管理委員が選出されました。(竹折輝隆氏・岩沢章夫氏・山下薫氏・山本文夫氏の4名)


その後、市長より施政方針及び提出議案の説明がされましたが、施政方針に関しては多くの会派が後に行われた代表質問で、「インパクトに欠ける」「目玉となるものがない」などと厳しい評価をしています。

人口の転出超過人数が全国2位という現状において、多くの市民が明るい話題や現状を打破する前向きな施策を期待していると思います。今回の施政方針は良くも悪くも「今まで通り頑張ります」的な、変わり映えのないものだと言う印象を受けました。

 
議案は各常任委員会に付託され、前半に27年度補正予算を含む各議案が、そして後半には28年度当初予算や一般報告などが審議されたのち、予決算常任委員会にて再度全議員で審議されました。2つの項目に対して修正動議が提出され、最終的に一部予算修正を経て賛成多数で採択されています。


 
225日から31日の本会議では、各会派からの代表質問が行われました。

所属する「研政」からは今回、伊関功滋議員が代表して質問を行っています。
「研政」代表質問の内容をぜひ議会中継でご覧ください。(2/29本会議)

 28年度の予算も決まり、今後はしっかりと事業執行されているか、また事業効果はどうであったのか、行政へのチェック機能といった議員本来の仕事を確実に遂行していくことが重要であると、自分自身にも責務を課していきます。


横須賀スタジアムで撮ったスカリンの写真。子どもが喜ぶと思い、写真をみせると「おでこがはげてるよ」と言われ、あらためて見てみると、シーックレットゾーンが確かに目立ちますね・・・・

KIMG1260

本日2日目の本会議です。
初日から各会派の代表質問が行われてます。
各会派の代表質問を聴くなかで、市政方針・予算編成からは、市長の言う「人口減少に対して重点的に取り組む」あるいは、市長自ら掲げる重点施策「子育て世代への支援」などに意欲的に取り組む姿勢が感じられないと思っているのは、我々の会派だけではなく議会全体として感じていることだと確信する。
今後の人口減少を考えると、どんなに税収が改善しようとも、財政規律に関しては慎重にならざる得ないのは気持ち的には分かる。
しかしながら、またも本市の人口転出超過が全国で2位となるなど、暗い話題が新聞の紙面を飾るなかで、こんなときこそ夢や希望の持てるインパクトのある施策が必要なのでは無いのか?
そもそも、海や緑と言った自然豊かな環境や、近代日本に重要な役割を果たした本市の歴史背景は市民の誇りであり、アピールすべき点てはあるが、その事を他市に情報発信したところで簡単に横須賀に転入してくれるような甘い事ではないだろう。
横須賀に今現在住んで、働く市民の幸福度を上げずに何のアピールが出来ると言うのか?
「横須賀にこれからも住み続けたい人は8割に昇る」と言うが、それはそうであろう。住めば都という言葉がある通り、住み続けることにより愛着も沸くし、自分の住むまちを悪く思う人は普通に考えて少ないと思う。
一方で、今の本市の現状の状態に満足していない市民が多いのは事実であり、それはなぜなのか?何をすれば満足度が向上するのか?を考え経営者の視点でしっかりと未来に投資することが出来ていない中で、いくらプロモーションをかけようと、このまちの本当の良さが伝わるとは到底思えない。
何だか愚痴っぽくなってしまいましたが、これも何とかすることが我々の仕事。気合い入れ直してまた明日からがんばります!

我々の会派「研政」の代表質問は来週の29日(月)の10:00からです。
研ぎ澄ます政策力「研政」の代表質問をぜひとも傍聴に来てくださいませ。

本日より第一回定例会が開会しました。
冒頭、11月にご逝去された山城保夫議員に対し黙祷が行われ、ねぎしかずこ議員より追悼演説が行われました。
山城議員とは「市民の声を聴く会」で一緒に活動させていただいて、いろいろとご教授いただいた先輩でもあります。「本当に亡くなられてしまったのだなあ」と改めて現実として感じました。好きだった日本酒を傾けながらゆっくりとお休みください。 

話を戻しますが冒頭でもう一点、市長から百条委員会の議題でもある日本丸に関する答弁について陳謝がありました。内容を端的に言うと、当初言われてた日本丸側から要請ではなく、市側から要請したもであった事、それに対して誤った答弁をしてしまった事などが語られ、再発防止策として必要書類や記録の保持ルールの徹底をしていくとのこと。市長は「反省してます」とおっしゃられてますが、このところの百条委員会でもしきりに「反省しています」「反省すべき点だと思います」とおっしゃられてるせいか、何となく聞き飽きた感にとらわれてしまうのは私だけでしょうか?

その後、選挙管理委員の選挙が行われました。(5名の中から4名を選出)
結果は以下の通り。(投票数40、有効投票数39)
竹折輝隆氏 8票
岩沢章夫氏 8票 
神保浩氏  7票
山下薫氏  8票
山本文夫氏 8票
で 8票で並んだ4名の方が選ばれました。今後のご活躍を祈念いたします。
選挙管理委員補充員選挙では4名の方に対し投票しましたが、全員規定の得票数(3票)以上を獲得し選出されました。

市長からは施政方針が語られました。人口減少にあえぐ本市に夢のある話をと期待しましたが、正直特段なものはなかったように感じます。これからも今まで同様がんばりま~す。と言ったところでしょうか。
特に子育て世代への支援はパッとしたものがありません。自身の施政方針演説の中で「子育て環境に関して、市民の満足度は決して高い状況にはありません。」と言っているにも関わらず、なぜなんでしょうか?
「一番力を注ぐべきは人口に関する施策です。」「子育て世代の転入率が低い状況にあります。」ともおっしゃられてます。口ではそう言っても結局は総花的なものになってるような感じです。

27年度は久しぶりに(14年ぶり)財政調整基金の取り崩しを行わなかった訳ですから、その分を思い切って子育て施策につぎ込むぐらいの夢のある話であってほしかったですね。
 

日産労連議員団の仲間であり、大先輩でもある、札幌市議の恩村さん(札幌市議会:副議長)のお取り計らいで、札幌市の取り組みや市内の企業を視察・勉強させていただく機会を得ました。
と言うことで一路札幌に。今年は雪は少ないらしいですが、変わらず寒さは厳しいようです。
imageimage
千歳に到着時の気温は-5℃。雪国育ちの私も横須賀の温暖な気候のおかげで、すっかり寒さに弱くなってるような気がします。

最初の視察先である札幌市役所へ。
imageimage
企業立地の取り組みについて説明いただきます。
取り組みで大変興味深いのは、企業誘致の際に、固定資産税などの減免をはじめとする助成制度を売り文句にしている自治体は数多くありますが、札幌市は市内はもちろん、札幌圏の近隣市町に立地する企業に対しても助成を行うと言うもの。
なんて太っ腹なんでしょう!さすがは北海道の王者札幌市。
しかしこれにはきちんと考えがあり、札幌市は北海道最大の都市として北海道全体を牽引していく責任を果たすと言う思いと、市内のみならず札幌圏を商圏として捉え、更なる発展を目指して行くと言う戦略から取り組んでいます。
前者は非常に大きな政治判断であり、後者は市内に誘致する場所が少なくなってきていると言う、現状の課題解決のための現実的な一手ではないでしょうか。
ただ実際に施策が実施できるのは、カネもひとも潤沢な札幌市ならではという感じです。
横浜市さんも首都圏により近い川崎市は別として、三浦半島側の隣接市町を対象に考えてみてはどうでしょうか(笑)

札幌市役所を後にし、地元の企業「アミノアップケミカル」を視察に。
imageimage
自然由来の機能性食品の原料を開発・出荷している企業で、その商品自体もすごいが、何より環境への取り組みが素晴らしい。徹底した省エネと再生エネルギーの活用で、CO2排出を驚異の60%削減。会社の建物自体も機能性とデザイン性を兼ね備え、見て回っても飽きが来ない。
雪を備蓄して夏の冷房として使う、地熱を利用した冷暖房、太陽光を取り入れる造りで照明いらずの明るさ。徹底したこだわりを感じます。
社内のロビーには地元の芸術家の作品を展示し、企業見学に来られた方々に知ってもらうよう一役買ってます。 

初日の視察を終え、ホテルで食事。1日の労をビールで癒す。だけど出てきたビールはスーパードライ。やっぱりここはサッポロ黒ラベルを出さなきゃダメでしょう!

imageimage

本日は自動車総連とナイスハート基金の主催する「ナイスハートふれあいスポーツ広場」へ参加しました。
image

この事業は、障がいのあるなしに関わらず、スポーツを通じて共生社会づくりの一助とするために開催しているもので、平成4年から全国で開催されています。神奈川県では過去に21回開催されていて、横須賀市でも開催されたことがあります。(今回は座間市で開催)

座間市内の障がい者施設や作業所に通うみなさんをはじめ、職員・付き添いの方々、ボランティアスタッフなど総勢345人でスポーツを通じて交流をふかめました。
image

image

競技になると、みなさん急に目の色をかえて頑張ってます。やはりいざとなると気合いがはいるのですね。わたしもタジタジでした。
image

競技の合間には、各チームの応援団長をつとめる、「ふじ健介」さんの漫談や「江島ちあき」さんの唄で盛り上がっていました。
image

image

みなさんと楽しい一日を過ごせましたが、帰り道の246号線と保土ヶ谷バイパスは予想通りの渋滞で少し疲れました。いつも混んでるけど何とかならないのかな…。

先日、クリスマスチャリティー公演が神奈川県民ホールで開催されました。
今年は劇団四季によるミュージカル「人間になりたがった猫」。この公演は、日産労連に加盟する各労働組合の組合員さんの基金をもとに、今年で40年という長い歴史もっています。
日本各地で22公演を開催、神奈川では20公演目の開催です。
福祉施設や児童施設の方々が招待され、本格的なミュージカルを楽しんでいただいてます。
舞台が暗くなり、小さいお子さんには少し怖い場面もありましたが、みんな最後は笑顔で会場をあとにしてました。
また来年を楽しみに待っててね~👋
image

image

「発達障がい」という言葉は最近では耳にすることも多くなったのではないでしょうか。
昔では「変わり者」や「偏屈な人」などで片づけられてきたことが、生まれつきの脳機能の障がいであることが周知されてきています。ASD(PDD)やADHD、LDといった言葉も知られてきました。それぞれがどういった特徴があるのか?は下の図を参考にしてください。
図1
(政府広報オンラインより)

今回の視察では、特に有病率が3%とも言われているASD(自閉スペクトラム症)をスクリーニングするための装置「Gazefinder」(JVCケンウッド)を説明いただき、実際に機器を使って体験をしてきました。
この装置は大学との共同で開発され、顔認証システムを応用し、評価用画像のどこを見たかによって社会性の発達を評価するものです。脳と目には強いつながりがあるそうで、目の動きを追跡することにより社会脳の働きを計測することができるそうです。

今日において、自閉スペクトラム症は様々治療的介入(療育)方法が開発されており、また早期に開始するほど改善が期待できるそうで、2歳以下で開始する療育方法に対しては顕著な有効性も示されており、療育に先立つ早期の診断的評価・早期発見の意義は非常に高まってきています。
一方で、スクリーニングや診断の手順が十分に標準化されていない現状や、診断に対する評価の質は専門家の熟練度合いに委ねられているという課題もあります。

自治体や診断者によってバラつきがあるようでは、早期発見の意義を崩しかねない大きな問題でもあるのです。このような機器を利用し、客観的な判断に加え、専門家の診断が加われば、それにより早期発見ができると共に、その子にあった療育方法を早いうちから受けることで、大きくその後が変化することは明らかです。

横須賀市での導入にむけて、しっかりと働きかけたいと思います。

保護者の方でも、自分の子供が発達障がいであることを受け止められない方がいるのも事実です。その気持ちもよくわかります。
しかし、「違っていることは、間違ってることではない。」ということです。その子の個性として向き合い、その子にあった療育を受けることが大事だと感じたしだいです。


 

↑このページのトップヘ