2015年10月

今日は海上自衛隊の観艦式に参加しました。
私が乗艦したのは護衛艦「おおなみ」。
image

image

観艦式では、多くの艦船が参加しますが、大きく別けると観閲部隊と受閲部隊とがあり、読んで字のごとく見る側の艦船と訓練を見せる側の艦船とがあります。
image

首相や防衛大臣が乗り込む艦船は、もちろん見る側の観閲部隊、私が今回乗った「おおなみ」は受閲部隊となります。
image

見せる側の艦船ですから、よく見えない訓練展示もありましたが、艦船が一列に艦隊で航行する姿は圧巻でした。
image

image

日々厳しい訓練を重ねる自衛官の皆さんに、あらためて敬意を表したいと思います。

横須賀市と会津若松市は友好都市として互いに交流を深めている。そもそもこの両市は歴史的つながりが深く、平安時代末期に三浦半島を領地とした三浦一族の時代までさかのぼる。
三浦氏の第4代にあたる三浦義明は三浦半島一帯を支配し、末子の義連は佐原に居城を構えたことから、佐原十郎義連を名乗る。
源頼朝が奥州合戦に勝利したさい、義連は会津を与えられた事が最初の関わりとか。
その後、葦名氏(現在の横須賀市芦名からきている)を名乗るようになったが、独眼竜でおなじみの伊達政宗に滅ぼされ、その時代も終わる。
今回の視察1ヶ所目はその義連が運慶に作らせたと伝えられる(銘が残っていないため運慶作とはなっていない)、2体の菩薩像が安置されている満願寺へ。
image

残念ながら菩薩像は撮影禁止のため写真は取れず。今はそれほど大きな寺ではないが、寺の敷地内に残される昔の建物基礎跡を見ると、かなり大きな寺であった事が分かる。発掘調査で宇治の平等院と同じ建築様式であった事がわかったそうだ。 
image

安置される2体の菩薩像(国指定の重要文化財)はもちろんだが、その両脇を飾る毘沙門天像と不動明王像も見事‼横須賀で運慶と言えば浄楽寺が有名だが、ここにも素晴らしい文化財があったのですね。まったく勉強不足で申し訳ないことです。。。。

続いてのつながりは、江戸末期。迫り来る異国船の警備を命じられ、三浦半島の大半を領地としたのが会津藩。長期の警備のため、藩士も家族を連れ移住したそうだ。しかし、戦死した方はほとんどおらず、警備の間に亡くなられた方々の墓碑がこの三浦半島に多く残されている。(横須賀市に4ヶ所51基、三浦市に5ヶ所37基)
その中で今回は腰越墓地に。過去にも何度か立ち寄ったことはあるが、墓地ということもあり、まじまじと見るのは初めて。
image

故郷に帰ることなく、亡くなられた方の心中はどうであったのか?思いを馳せる。
image


今回、友好都市である会津若松市のゆかりの地をまわったが、歴史的つながりを知らずして形だけでは思いはつながらない。これからも互いに友好都市として交流を重ねる以上、もっと学び理解を深める事が必要とあらためて感じる。

第3回定例会が閉会し、翌日から全国都市問題会議に参加するため、初めて乗車する北陸新幹線「はくたか」で一路長野市へ。
image今年の都市問題会議のテーマは「都市の魅力づくりと交流・定住」。1日目の基調講演から始まり、2日目はパネルディスカッション。1日半におよぶ会議の報告はまた別途に視察報告として掲載したいと思います。
お昼過ぎに長野市を後にして横浜へ。キャリーケースを引きずって神奈川民社協会の議員研修会に参加。東京電力労組 神奈川地区本部飯塚委員長より「原子力政策および電力産業の現状と課題」についてお話頂く。今後、電力の小売りが全面自由化される事になるが、すでに40社程度が名乗りを挙げているとのこと。自由化による自由競争のもと電気料金が抑えられることは喜ばしいことだが、一方で根拠のある適正な料金設定や、安定した電力供給の保証など課題もある。そしてその後に始まる送配電部門の法的分離においても、災害時の対応や必要となるルールの策定など今後の動きや対応に注目したい。意見交換のあと帰宅…少し疲れたのか、速やかに就寝。。。。
そして本日午前中は追浜戦没者慰霊祭に参列。先人達の御霊に思いを馳せ、また追悼と慰霊の誠を捧ぐ。
午後より横須賀製鉄所創設150周年および海上自衛隊観艦式記念で行われた「海上自衛隊バントフェスティバル」に向かう。向かう途中でお昼ご飯をと思い、三笠公園で開催していたこちらも同じく海上自衛隊のカレーフェスタに。image
image23種類のカレーから4種類を選んで食べられます🎵泣く泣く4種類のみを選んで食べるが、出来ればごはんは大盛があると助かります‼少しごはんが足りないんですよね~私的には。(これでは痩せないのも当たり前…)
今日もあわただしく過ぎていますが、最後の〆に応援頂いている職場のみなさんと懇親会と意見交換。これにて今週は終了。
明日は少しだけ出掛けますが、たまっている本を一気に読み尽くしたいと思います🎵

昨日の本会議をもって第3回の定例会が閉会しました。
本会議では決算に関する10の議案が決議され、賛否はあれど全て可決されました。うち6つの議案に反対した共産党さんの反対討論を聞いていると、ん……何だか違和感……討論は本来議員に対して行うもの。だけどこれは市長に対して行っているかのように聞こえます。まあ色々なスタイルがあるという事でしょうか…。
続いて日本丸の久里浜港招致に係る真相究明の請願。自民党さんからは賛成討論、無所属みらいさんからは反対討論が行われました。これについては会派内でも「緊急性がはたしてあるのか」論議されましたが、今定例会を逃すと第4回定例会での審議になること、願意自体は理解出来るものであることから賛成することに。結果は無所属みらいの7名を除く、賛成多数で採決されました。
そして次は、議員提出議案として政務活動費に関わる条例の改正案。全会一致で可決されました。これにより28年度から半期ごとに報告書の提出、領収書のHP 上での公開が決まりました。透明性が担保されることは良いことです。
そして最後に、すでに設置されている「吉田市長の不透明な市政運営に関する検査特別委員会」(98条委員会)に、地方自治法100条1項の調査権を付与し、本年度の調査費用を100万円とすることが決定されました。これによって委員会名も検査特別委員会から調査特別委員会に。
少しややこしい感じもしますが、ようは横須賀市議会初となる100条委員会が設置されることになりました。
今定例会では私自身初の一般質問から始まり、横須賀市議会にとっても98条委員会、そして100条委員会と初物づくしの定例会でした。
image

↑このページのトップヘ